朝ドラ・スカーレットの八郎のモデルの夫と離婚!?現在や弟子や作品

出典:Twitter
スポンサーリンク




『スカーレット』に出演する、若き陶工・十代田八郎

演技するのは、スマートな演出で関心を集める役者松下光平(まつしたこうへい)さんになります。

八郎は、メインキャスト川原喜美子のライフステージに広大な影響がある存在だと言えます。

その十代田八郎さんのモデルとなった神山易久さんについて今回ご紹介していきたいと思います。

まぎれもなく、喜美子の夫となる結婚相手です!

一方で、そのうち離婚するのではないとも言い伝えられているのです。

 

ヒロイン喜美子のモデルとなったのは

女性陶芸家の草分けの神山清子(こうやまきよこ)さんで、清子さんが歩んできた史実が、物語に取り入れられています。

 

清子さんが婚約した相手は、神山易久陶芸家のさんです。

けれども、残念ながら、清子さんと易久さんは結婚生活17年で離婚しています。

2020年現在(83歳)も頑張ってに陶芸活動に励んだりしたりする、国外からでも評価が高く、陶芸家の神山易久さんについて紹介していきたいと思います。

 

スカーレットの八郎のモデルの夫・神山易久さんプロフィール

画像

出典:Twitter

 

神山清子さんの夫・八郎さんのモデルとなった、神山易久さんの経歴を紹介していきたいと思います。

 

神山易久さんの経歴

 

 

  • 昭和11年(1936年)滋賀県信楽に生まれる。

滋賀県立窯業指導所陶芸科を卒業し、陶磁器デザイナー・日根野作三(ひねのさくぞう)に師事、「近江化学陶器」研究開発部デザイン室に勤務

 

  • 昭和32年(1957年)、清子さん(旧姓:金場)と結婚し、長女・久美子、長男,賢一が生まれる。

「日本陶飾(株)」へ転職、開発部長就任、神山陶房、神山陶デザイン事務所を開設
日本クラフトデザイン協会会員になる、「土もんの会」創立・主宰、信楽初の半地上式六窯を築案、自然釉(しせんゆう)の再現を計る。

 

  • 昭和44年(1969年)信楽初の半地上式穴窯を築窯、自然釉の再現を計る
  • 昭和49年(1974年)離婚(38歳、結婚生活は17年)
  • 昭和51年(1976年)第2基地上式六窯を築き『須恵器』の研究開始
  • 昭和54年(1979年)高島屋画廊(東京・大阪・横浜・京都)で個展開催(~2010年まで毎年開催
  • 平成 4年(1992年)海外の美術館、画廊にて個展、グループ展開催(~2010年まで毎年開催)
  • 平成9年(1997年)チリ国立美術館にて講演
  • 平成11年(1999年)NHK-BS2「やきもの探訪」出演
  • 平成23年(2011年)米国で開催のアートフェア「SOFA」でベストアート賞受賞

 

 

神山易久さんの経歴

 

 

滋賀県信楽町で出身の神山易久(やすひさ)さん。

おじいさんが陶器、おじいちゃんが陶土を取り扱う作業をしていたそうです。

陶芸が間近にあった周辺環境であったそうです。

 

滋賀県立の職業訓練所を卒業すると

『近江化学陶器』に登用し、信楽の陶器製造企業その雇用先は『スカーレット』に出演する、『丸熊陶業』のモデルじゃないかと言い言われているといえます。

 

そのことから、金場清子(喜美子のモデル)さんとめぐりあいます。

正しくは「再会」で、実は中学の先輩・後輩の関係だったのです。

同じ昭和11年(1936年)出生ですが、 学年は易久(やすひさ)さんが1年先輩。

 

2人共絵画が好きで美術コンクールに展示しいるけれど

いかなる時も金場清子さんが1位で

神山易久さんは2位だったのです。

 

神山易久さんは、金場清子さんをライバルとみなしていたそうです。

金場清子さんは、神山易久さんのことをこれっぽっちも気にもしないでいたそうです。

 

 

神山易久さんと金場清子さんが結婚した経緯

 

神山易久さんが、友人の清子さんの絵を褒めたことがきっかけとなって、お互いを気に掛けるようになりました。

そして、交際が婚約に至りるのです。

その内、始まり、清子さんのおとうさんが、婿養子を希望していたおかげで、清子さんの実家での生活になりました。

けれども、清子さんの強い希望で神山の籍に入ったため、いわゆるサザエさんのマスオの立場になったのです。

ある意味『マスオさん生籍に持ってきたため、清子さんは仕事場を辞め、ご自宅で陶芸をはじめています。

その一方易久さんは、人材の引き抜きをされて『日本陶師』へ職を変えるものの、人間関係にトラブルがあり4年で辞職。

清子さんと作陶を始め、半地上式の六窯を『寸越窯(ずんごえがま)』の準備をします。

清子さんのお父さんがフォローしてくれたそうなのです。

ちなみに、窯を作り上げているお金は、その後、神山夫妻は、仲睦まじく作陶し、いろんな場所で個展を開催して行くこととなります。

けれど、清子さんばかりが入選し、清子さんが知名度を上げていったのです。

その時から清子さんへ嫉みやコンプレックスを思うようになったと易久(やすひさ)さんと語られています。

 

 

信楽の泥沼の離婚劇

 

その頃、京都の美術商が、易久さんの製作品を気に入りました。

易久さんの創作行為のためだったらと、無条件に資金を投じてもらうことになります。

清子さんとの関係性がぎくしゃくする時、金回り良くなったでした黒久さんは、弟子の女の方と深い関わりになりました。

浮気が神山ご夫妻は恨みあうのです。

こうして、易久(やすひさ)さんは、清子さんの創作活動をところ構わず妨害した読み継がれているのです。

清子さんは生きる意欲を喪失しますが、お子さんの賢一さんが「父さんなんていなくていい」とカミングアウトし、その言葉に一押しを受けて、離婚を決意しました。

同じ頃、易久(やすひさ)さんは浮気相手と一緒にいる時に、事故に巻き込こまれてしまいます。

いち早く信楽中に広がっていきました。

浮気の2人の関係は、すぐに近所に広まり、清子さんの離れの申し入れを、易久さんは同意し、17年間の結婚生活に終わりを告げました。

 

ドロ沼の離婚劇があったと言い言われていますが、最終的お子様も窯も、清子さんが勝ち取りました。

この後は、易久さんは、浮気していた弟子と一緒になりましたが、真相はわかりません。

ずばりドロドロ浮気で驚きですよね。

 

日本のういういしい朝を飾る『朝ドラ』で、どのへんまで見られるのか、すごく関心が持たれる所です。

 

 世界的に評価されえる神山易久

 

世界的に評価される神山易久さん清子さんと離別あとの易久(やすひさ)さんの焼き方の検証を積み重ねます。

いずれ製作品は褒め称えられ、 名誉を高めて行くのです。

自然袖の再現や、 須恵器など古くかこの国では高級デパートやギャラリーで個展を開放し、個展やグループ展を開始。

外国にも拡大し、いまや、欧米20カ国の美術館や博物館で、コレクトされて、その意見の高さが伺うことが出来きます。

 

・神山易久作品コレクション

  • メトロボリタン美術館
  • クリープランド美術館
  • フィラデルフィア美術館
  • ブルックリン美術館
  • ハンブルグ美術館
  • アムステルダム美術館
  • パワーハウス美術館
  • アーツ&デザイン美術館

等々

 

ベストアート賞!海外出版!

画像

出典:Twitter

外国で人気になった、陶芸家 神山易久(やすひさ) さん。

2011年に米国でトライされました現代アートフェア『SOFA』で、『ベストアート賞」を獲得しいます。

こういったフェアは、あらゆる国からアーティストの作り出す3次元アート製作品のみをとりまとめたアートフェアになります。

アートの制限をオーバーした創作品が集い、美術館かかわる人や買い主、アートアドバイザー、インテリアデザイナー、建築家だったりが数万人レベルでやって来るそうなのだ。

この他には、2012年にはドイツの出版社から『YASUHISAKOHYAMA The Art of Cere」という、コレクションブックがデビューされます。

この作品集は、Amazonでも購入することができるようです。

 

ひと作品、数百万もするものも!!

 

前述にみようかな評価を受けられてるとなると、作品の価値も高まりますよね。

ネット上の噂によれば、一点·数百万円の値が付くものもあるらしいですよ!!芸術·美術の世界は奥が深いですし、愛好家も多いつまり、ありえますよね。

作品には驚きの値がつくと言い伝えられる…精力的に創作活動に励む一方で、後進の育成にも熱心なようです。

易久さんに師事した陶芸家もいっぱい活躍しているのです。

画像

出典:Twitter

・神山易久に師事した陶芸家(五十音順)

  • 上田勇児
  • 塚田啓司
  • 中本若枝
  • 吉筋恵治

ほか多数

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です