【♡クールビューティー♡】ラグドール【おっとりして優しい♪】

ラグドール

ふわふわと長い被毛と、人なつっこくて飼いやすい性格から人気の猫、ラグドール。

室内飼いの愛玩猫として理想的な猫種と言われています。

今回はラグドールの性格や特徴、気に触る寿命や飼育のポイントにつきましてご紹介します。

スポンサーリンク




ラグドールとは

ラグドール

ラグドールは英語で「ぬいぐるみ」という意味の名前です。

抱っこをしても、本物の「ぬいぐる」みみたいにじっと大人しくしているのです。

人なつっこい性格をしていますので、抱っこさせられることを好みます。

ある意味他の猫にはなかなか見れない特徴です。

おおらかな一面もあるため、小さな子供にちょっかいをかけられても感情を表に出すことが滅多にないです。

根気よく接する優しさ、懐の深さを共有しています。

スポンサーリンク



ラグドールの歴史

ラグドール

ラグドールを最初期に作出させたのは、アメリカ・カリフォルニアに住んでいたペルシャ猫のブリーダーでした。

地域で暮らしてました外猫と、ブリーダーの飼っていた猫を交配して生まれた子猫が基礎となりましたと伝えられているのです。

ラグドールの歴史には、ちょっとした騒動がありました。

作出した人物は、この猫の魅力に自信を持ち、新たな品種として育成することとをビジネスと結びつけて計画しました。

ラグドールの品種名は、登録商標でもありました。

そうして、既存の猫血統登録団体には登録せず、新たな団体IRCAを設立し、ラグドールの血統管理と個体管理をフランチャイズビジネスの本部として行おうと思っておりました。

繁殖を行う目的の人には、フランチャイズ契約を行うことを条件に、猫を譲り渡していました。

こにみようかな仕掛けに疑問を持ったある夫婦が、フランチャイズ契約を行わずに譲り受けた子猫で、新規に繁殖を行うこととしました。

そして1970年代以降、固定化したラグドールは、初期の作出者以外の繁殖者によりまして、有力な血統管理団体CFAやGCCF、FIFeに登録することの方ができました。

さらに、ラグドールの初期の作出者が設立した血統登録団体IRCAは20世紀後半に分裂してしまいました。

この時期までにIRCAにかかわった人たちが、ラグドールを基礎に制作した新たな猫種がラガマフィンです。

スポンサーリンク



ラグドールの特徴

ラグドール

ラグドールは、顔や手足などに特徴的な斑が入る毛色の、ミディアムロングの被毛を持つ猫です。

体型はロング&サブスタンシャルタイプで、大きめの頭にややつり上がった青い目、丸い頬をしています。

しっぽは体長と同じくらいの長さで、筋肉質で重量感がある体格です。

標準的な体重はオス6.5~9kg程度、メス4.5~7kg程度の中~大型猫とされています。

スポンサーリンク



ラグドールの性格

ラグドール

ラグドールとは「ぬいぐるみ」を意味する言葉ですけど、その名の通り、抱かれるのを好みます。

相手が子どもであったとしましても、大きくちゃんととした体を預け、脱力します。

落ち着いた性格で、大きな声で鳴くこともまったくなく、激しい遊びにはあまり関心を示していない。

家庭内ではほかの猫やペットより、人間に関心を持ち、常にさりげなくそばにいたいと思う猫なのです。

スポンサーリンク



ラグドールの飼い方

ラグドールは、活発に活動するよりもリラックスして過ごすことは好きな猫ですけど、子猫から若猫時代は普通の猫らしくもっとも活発です。

身体が大きいため、成猫になるまで3~4年はかかりますが、この時期を過ぎると性格は落ち着いてきます。

ちゃんとした体と美しい被毛を作るために、バランスの良い栄養の食事をもたらすようにしよう。

成猫は高い所を好むですのでは少なく、体もでかいことから、キャットタワーを設ける場合は低めでかまいません。

大きな体の動きに耐える、安定した土台のものを用意しましょう。

ラグドールはセミロングとは言いましても、被毛は厚く豊かです。

できるなら毎日、少なくても週に2~3回以上のブラッシングもしくはコーミングで、抜け毛をきちんと処理してあげましょう。

スポンサーリンク



ラグドールの毛色

ラグドールはシール、ブルー、レッド、クリーム、ライラックのポイント、これのタビーポイント、バイカラー、トーティ(サビ)があるのです。

ラグドールは、毛色だけでなく斑の入り方に特徴があげられます。

顔や手足、尻尾などにアクセントが入る「ポイント」、四足に手袋や靴下を履かせたような「ミテッド」、2色混合してるのがトーティ、2色が分かれているのがバイカラーになるのでしょう。

さらに、生まれた時はほぼ全身が白く、成長に従いまして毛色が発現しますが、完全に発色するまで2年近くかかってしまうこともあげられます。

ラグドールの気を付けたい病気

ラグドール

ラグドールの遺伝的な病気としまして、「肥大型心筋症」があるのです。

この病気は、心筋が分厚くなる心臓の病気です。

病状にもよりますが、疲れやすくなったり、呼吸が早くなったり苦しくなったりする症状が見て取れます。

薬によりまして病気の進行を遅らせることができてくるので、早期発見のためにも、マメな定期健診が重要です。

このほか、尿路結石はどういうな猫にも起こり得るので、おしっこの量や色や臭い、排尿時の様子(痛がったり、爪を立てたり)には気を配るとよいでしょう。

さらに、ラグドールは毛量が豊富だから、毛づくろいによって飲み込む毛が多く、上手く排泄できずに、胃内で毛がフェルトみたいに固まってしまう「毛球症」を起こすことも珍しくないです。

こまめなブラッシングを習慣化し、生え変わりの時期にはとくに注意しておくこと。

食欲が低下してるように目に入ったり、えづいたりするようであれば、かかりつけ医に診てもらい、適切に処置してもらいましょう。

スポンサーリンク



ストレスを与えない

ラグドールに限りませんが、猫はお家の模様替えをしましたり、引っ越しをしているとストレスを感じることがあるのです。

そのような時には、新しい居場所が安心して過ごせる場所であることをしつけてあげて、早くストレス状態から開放してあげたいもの。

飼い主が抱っこしたり、撫でたりして落ち着かせてあげると安心してもらうはずなのですよ。

さらに、飼い主やそのご家族があんまり構ってくれないでしたり、抱っこしてくれなかったりすると、寂しさからストレスを感じることもあげられます。

ぜひ日ごろからいっぱい遊んであげてください。

キャットタワーについて

すべての猫たちは キャットタワーが大好きです。

しかしながら、ラグドールはあまり高い場所を飛んだり跳ねたりするタイプの猫ではないだろうかと言い伝えられているのです。

「あ、なんか置いているな」とスルーさせられることも。

ですから、もしキャットタワーを用意するとしましても低めのもので十分です。

ただし、そこで遊んでもらえるかどうかは、猫次第です。

もし選ぶなら、とても注意すべきことは、高さでではなく「安定性と安全性」です。

ラグドールはでかい子なら10kg近くの体重になるのでしょう。

その体重を支えられるものでないそしたらなることはないことを心得ておきましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です