【もっとデレデレしてほしい!】2匹飼っているけど、1匹しかなついてくれません。

2匹とも同じように接してきたつもりですが、1匹だけ全然なついてくれません。すり寄ってるのはごはんの時だけ。

抱っこんなんてもってのほかです。

どうすれば2匹ともなついてくれるのでしょうか・・・?

とお悩みの方に今回、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




ごはんのときに寄ってくるのであれば、なついている証拠です!

猫はおのおの、性格が違います。

飼い主にベッタリで甘ったれで、抱っこも大好きという猫もいるそしたら、飼い主のそばにいるのは好きだけど抱っこは嫌といった猫や、いつもひとりでいたいという猫がいるものでしょう。

そのうちも、その猫の性格つまり、それなりに尊重するのしかないです。

「抱っこをさせてほしい」ということは、あくまで飼い主の欲求です。

飼い主がそうやりたいだけ、だから「不満」に思われますだけなのでしょう。

「ごはんのときだけ近傾いてくる」猫を、「なついてない」と思われますのは人間流の思い方です。

本当になついていない猫なら、ごはんのときにも近寄ってはこない。

飼い主がどこかへ行ってから、食器に近傾いてくるはずです。

おなかが空いたときにだけ飼い主を思い出せるのも、なついている証拠です。

それが飼い主を比べる愛情の表現方法なんです。

スポンサーリンク



猫ちゃんのそれぞれの性格を理解したうえで、自分の役割を確認しましょう!

猫と人のつき合いのかたちはひとつではなくなったのです。

猫ちゃん達の性格をわかったうえでお互いの関係を構築すること、それも猫を飼う楽しさのひとつです。

そう考えるそしたら、一見「なつかない」と思える猫の見方も変わってきます。

その猫に比較する愛情もまた変化してくるはずなのです。

ただ、猫の性格は年齢や環境によって変わります。

年齢といっしょに甘ったれなってしまうこともあるのです。

さらに、いっしょに暮らす猫の数の増減よっても変わります。

複数で飼ってる場合、人との交流より猫どうしの交流を重視する猫もいて、そういう猫は人になついていないように見えますのです。

いろんな事情で1匹だけで飼われている環境に変化した途端、それまで 「クールだった猫」が「ベタベタ猫」になることもあります。

仲間の猫に向けましていた気持ちの「多くを飼い主に向けはじめるからでかりに、「甘ったれで抱っこ大好きの猫がほしい」という希望のもとに猫を「飼いはじめるのであれば、1匹だけで飼うのが一番です。

気持ちのすべてを飼い主に向けるわけつまり、甘ったれになる実現性大です。

スポンサーリンク



ある家の猫ちゃんがなついたタイミング【母親がなくなり甘えん坊に!】

母猫のさくらと、その子供のもみじと暮らしてきた。

さくらは愛矯たっぷりで、フレンドリーで自分にべったりタイプ。

もみじはひとりを愛するクールな性格だった。

が、 母猫のさくらが病気で亡くなっもみじが急に甘えん坊になり、いっぱい遊びたがる性格に変たあと、わったのです。

ここまで、 もしかするとさくらに遠慮してましたのかもしれないな。

今はもみじとの時間を大切にし、たっぷりと触れあって愛情をかけているのです。

スポンサーリンク



まとめ

猫ちゃんは、そもそも単独行動を好む動物です。

しかし、餌を食べたい時に近寄ってくるのは、飼い主を頼りにしている証拠で、猫ちゃんにとってとても大切な位置付けになっています。

猫ちゃんは純粋に構って欲しい時だけ近寄ってきますので、焦らず猫ちゃんから近寄ってくるのを待ってあげましょう♪

待っていれば、必ず貴方のところへ会いに来ますので・・・

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です