仲間の猫ちゃんが亡くなってしまって、元気がありません><。

仲良しだった同居の猫ちゃんが亡くなってから、14歳の愛猫の元気がなくなってしまいました。

前のように、元気になってくれるにはどうすればいいのでしょうか?

今回はそのような悩みの方に、この記事を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




仲間の猫ちゃんがいない環境に早くなじめるように、努力しましょう!

気持ちはわかりますが、もう少し冷静に考えてみましょう。

猫はもともと単独生活者その為、わたしたちと同じような喪失感を思ってるわけないと思われます。

でも「仲間の猫がいない環境」への戸惑いはあると思います。

今までいっしょに寝ていた仲間がいない、一緒に遊んでいた仲間がないのありますという 「環境の変化」に対すので仲歲たる戸惑いや不安です。

「あいつが恋しい」というよりも、「このようなにまでの暮らしとは何かが違う」という不安なのです。

14歳という年齢を考えても、環境の変化にはなかなかなじめないと思います。

「そのような言い方は酷だ」と思いますかもです。

しかしていながら、同居していました猫が亡くなってしまいましたことがわかっているのは人間だけということであります。

この世にいないことを知っているから「この子が悲しんだりしてる」と考えてしまうのです。

もし、仲間の猫が入院していたとして、じきに帰ってくることを飼い主がご存知いたとしたら、その猫の行動を見て同時じように思われますでしょうか? あまり、気に触ることはなくなりましたのではないだろうか。

あなたの猫には、仲間の猫が「死んでしまったとしてました」ということが理解できない。

ただ「あの人がいない」と感じているだけです。

そして仲間のいない暮らしになじめずにいるのです。

その状況で、飼い主が「どうしていいのかわかりません」と不安に思えば、ますます「環境の変化」に拍車をかけることになってくるでしょう。

そのためあなたの猫にしてみれば、あいつがいないとなり、飼い主も「以前と違う」になるわけです。

スポンサーリンク



猫ちゃんと親密な時間を増やし、新生活を作りましょう!

飼い主が気持ちを切り替えることが大切です。

あなたの猫が直面している「環境の変化」を、早く受け入れてくれるよう、そうして新たな環境のなかでぼくの安心を取り戻してもらえるよう努力することの方が大切です。

亡くなった猫のことを忘れさせろといっているわけではないです。

仲間のいない環境にじょうずになじめるみたいな努力をしてくださといった意味合いです。

14歳は猫の年齢としましてはもう老境に入っていると言えます。

しかし、健康な飼い猫なら、まだここからといえます。

楽しい遊びを新規に開拓するのもいいでしょう。

抱っこする時間を増やすのもいいでしょう。

あなたとあなたの猫との時間を、ここまで以上に増やしてほしい。

仲間の猫と過ごしていた時間を、あなたが引き受けましてください。

きっとあなたの猫は元気に立ち直ってもらえるはずなのです。

 

同居していた猫ちゃんが亡くなったお話。

同居猫を亡くしてふさぎこみ…愛猫のメイとリラは大の仲よし。

寝るときも遊ぶときもいつもいっしょにおりました。

が、 リラが病気で亡くなるとメイの性格が急変し、ふさぎこむように。

ほかにも同居猫はいましたが、ほかの猫を自分に近寄らせない孤高の猫になってしまいました。

1年以上経っても、家族との会話で「リラ」の名前が出ると家じゅうを探し回っておりました。

メイちゃんを心配してたが、現在では人にまた甘えるようになりました。

スポンサーリンク



猫ちゃんの性格は「遺伝+環境=猫の性格」

猫ちゃんの性格は様々ですが、その性格はどのようにきまるのでしょうか?

親猫?

飼い主さんの影響?

その事について解説していきます!

スポンサーリンク



性格を決める要素の一つは「遺伝」

両親から譲り受けた遺伝子情報は、 猫の性格のベースになっています。

生まれもったこの情報は、一生変わりません。

しかしながら、 父猫·母猫から受け継ぐ遺伝子のパターンは無限にあって、父猫や母猫のどの気質を受け継ぐかはわからず、 隠れた気質を受け継ぐこともあるのです。

同じカップルから生まれた兄弟が遺伝子の組み合わせは1匹1匹違うので、性格はちがいます。

その為、両親が甘えん坊であったとしましても、子猫がみんな必ず甘えん坊になる とはかぎらず、隠れていた臆病な気質を受け継別ぐこともあります。

父猫、 母猫、どちらに似やすといった傾向もないです。

 

  • 猫種

猫は長毛種と短毛種に大きく分けられるが、性格にも違いが見られます。

長毛種の猫はお気っとりしていておとなしい性格、短毛種は活動発で遊び好き、といった傾向があるのです。

ただし、長毛種は毛が長くて優雅に見えますので、 おっとりしてるように見えまるという説も。

そのほか、純血種はその種類によってある程度の性格の傾向があるようです。

 

  • 性別

オスとメス、おのおのの性ホルモンが猫それぞれの性格にも影響を与えます。

一般にオスは甘えん坊で活発、なわばり意識が強いと言い聞かされまして、メスは冷静でおとなしく、なわばり意識は弱いという傾向があるのです。

もちろん、冷静なオスやわんばくなメスもいるので、あえて傾向として捉えておきましょう。

スポンサーリンク



性格を決める要素の二つ目は「環境」

猫が育っていく過程で、どんな環境でだれといっしょにいるのか、子猫のときにどんな経験をするのだろうかといいまやったことも、猫の性格に影響を与えます。

複雑にあらゆる要素が絡み合い、猫の性格を作っていくこととします。

 

  • 母猫

猫の社会では母猫が子育てを担当するので、生まれたときから離乳までに母猫から受ける影響が特に強いといわれている。

子猫は本能的に母猫の行動を見計て学習し、 成長していきます。

母猫が何を安全とし、何を危険と判断したかということも猫の性格に影響します。

 

  • 兄弟猫

生後直後から強く影響しあうのが兄弟猫の存在です。

生まれたときからお乳がよく出る乳首や、居心地のいい場所をめぐって争い、競争心が生まれます。

また、 じゃれあったり、なめあったりとかいという体温を感じる体の触れあいは、愛情表現の基本となり、それからの猫どうしのつき合い方にも影響します。

 

  • 同居猫

1匹で飼われるのか、同居猫が買いるのかどうかも、猫の性格に影響を与えます。

生まれてからずっと1匹で飼われる猫は自分が猫だという認識がなく、ほかの猫とのコミュニケーションがうまくいかないことも。

同居猫がいる場合は、 猫どうしの相性や、同居しはじめた時期が性格に影響を及ぼします。

スポンサーリンク



まとめ

猫ちゃんが一番気になるのは、仲間がいなくなることで、自分自身の環境が変化したことに凄く敏感になる動物です。

そして、結果、一緒に遊んでいた猫ちゃんがいなくなると、いつもと様子が違うことから元気がなくなってしまいます。

そんな、猫ちゃんの気持ちを察して上げれるのが飼い主さんしかいませんので、ぜひ猫ちゃんの気持ちを汲み取って楽しい猫ライフを新たに築いてあげてください。

また猫ちゃんの性格は、遺伝や環境・・・

中には身体の状態からもきます。身体の状態が悪くて、イライラしやすい性格が習慣化されてしまったら、そのままその性格が定着してしまいますので、どうか体調の方にも気配りをしてみてください。

お互いに楽しい猫ライフを!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です